寺名の由来でもある硅灰石(天然記念物)は、境内のいたるところに顔を出す。