飛鳥寺(安居院)

山号 鳥形山 ちょうけいざん

 
 
真言宗豊山派
本尊 釈迦如来(飛鳥大佛)
御詠歌
うきことの 消ゆるもけふか 飛鳥寺 末やすかれと 祈る身なれば

新西国33観音霊場第9番札所
聖徳太子御遺跡霊場第11番札所

奈良県高市郡明日香村大字飛鳥682
近鉄橿原神宮前駅より奈良交通バス
岡寺行き飛鳥大佛前下車
 

 

飛鳥寺略縁起

 588年(崇峻元年)に蘇我馬子が創立した日本最初の本格的寺院。法興寺、元興寺、飛鳥寺とも呼んだ(現在は安居院 あんごいん)。本尊飛鳥大佛(釈迦如来)は605年(推古天皇13年)天皇が詔して鞍作鳥(注)仏師に造らせた日本最古の仏像である。

 旧伽藍は887年(仁和3年)と1196年(建久7年)に焼失し、室町以降は荒廃したが、1632年(寛永9年)と1826年(文政9年)に再建され今日に至っている。  (境内解説板より)

(注)鞍作止利 くらつくりのとり  馬具製作に携わっていた百済からの渡来系氏族の一人

 

 588年(崇峻元年)に蘇我馬子の発願により、596年(推古天皇4年)に創建される。

 平城京遷都とともに移建、飛鳥寺の建築材や瓦の一部がそのまま使用され、現在も奈良町にある元興寺(世界文化遺産)にその姿を留めている。

 本元興寺と名を変えた飛鳥寺に残った飛鳥大仏(国重要文化財)は、丈六の釈迦如来坐像で、二度の火災により、顔の一部、左耳、右手の中央の指3本だけが当時のまま残り、後は補修されたもの。

 

飛鳥寺

飛鳥寺周辺
飛鳥大佛標石
鐘楼
本堂
境内石仏
地蔵堂
地蔵尊
思惟殿
飛鳥寺解説板1
飛鳥寺解説板2

寺院名目次

仏教総目次

 

 

 

飛鳥寺 Copyright (C)  仏教 ・ bukkyo.net ・ All Rights Reserved ・