長 谷 寺

真言宗豊山派総本山

西国観音霊場第八番

奈良県桜井市初瀬731−1

0744−47−7001

 山号 豊山(ぶざん)。昔、この地は豊初瀬(とよはつせ)、泊瀬(はつせ)などと呼ばれていたので、初瀬寺、泊瀬寺、豊山寺ともいわれていた。 朱鳥(あかみどり)元年(686)道明上人が天武天皇のために銅板法華説相図(千仏多宝仏塔)を西の岡に安置。神亀四年(727)徳道上人は、聖武天皇の勅により、 衆生のために東の岡に十一面観音菩薩をまつる。徳道上人は観音信仰にあつく、西国三十三カ所観音霊場巡拝の開祖。 全国に末寺3千余ヶ寺。長谷寺と聞けば「ああ、牡丹のお寺」と答えるほど牡丹の花で有名で、唐の皇妃馬頭夫人の献木を今に植えついでいるといわれ、現在では150種類、 7000株におよび東洋一といわれる。四季を通じての「花の御寺」として多くの人に愛されている。本堂は舞台造りの代表建築。

チケット半券

 

長谷寺資料

宝物一覧

年表

長谷寺の写真
 寺前石段
 仁王門
 登廊
 登廊
 本堂の額
 愛染堂
 弘法大師御影堂
 一切経堂
 本長谷寺
 五重塔
 五重塔
 興教大師堂
 菩提院陀羅尼堂
 本坊

長谷寺門前の法起院

西国三十三ヶ所観音霊場

 

紹介寺院目次

   
仏教総目次

「佛教」 (C) bukkyo.net