川崎大師

金剛山金乗院平間寺(へいけんじ)

(通称・厄除弘法大師または川崎大師)

真言宗智山派大本山

   
武相不動尊霊場第一番札所   (不動堂)
関東三十六不動霊場第七番札所 (不動堂)
総本山は京都東山の智積院
開創・大治三年(1128)
開基・尊賢上人
創建功徳主・平間兼乗
本尊・弘法大師空海(厄除け大師)
川崎市川崎区大師町4番48号
京浜急行大師線川崎大師駅より徒歩
 

縁起

 1127年(大治2)に源義家の家臣、平間兼豊・兼乗の父子が、海中から得た弘法大師空海像を安置するために一寺を建立し、尊賢上人を開山に招いた。 このとき兼乗は42歳の厄年だったので「厄除大師」と呼ばれるようになる。徳川時代にしだいに栄え、明和年間(1764〜1772)に中興の隆範が入山して以後、 諸堂が立ち並び全盛期を向かえるが昭和20年の戦火で全て消失する。

 高尾山薬王院・成田山新勝寺とともに、真言宗智山派の関東三山といわれる。

 

平間寺
川崎大師)

表参道
大山門1
大山門2
大本堂1
大本堂2
不動堂
聖徳太子堂
八角五重塔

 

紹介寺院目次

   
仏教総目次

「佛教」 (C) bukkyo.net