近畿三十六不動尊霊場
第5番札所

報恩院

高津山 報恩院(たかつざん ほうおんいん)
通称 高津(こうづ)の北向き不動
真言宗醍醐派
創建 寛文年間 1661年〜1672年
開基 良遍
本尊 北向不動明王
御詠歌 魔を伏して苦難を救う願なれば 不動の誓い高津北向(たかつきたむき)

 

 
近畿三十六不動尊霊場第5番札所
おおさか十三仏霊場第11番(阿閦如来)札所
摂津国八十八箇所霊場第21番札所

 高津山の山号から鑑みるに、もともと高津宮(こうづぐう)の神宮寺だったのでしょう。、明治政府の神仏分離廃仏毀釈政策により荒廃。(注 神宮寺(じんぐうじ)とは、日本において神仏習合思想に基づいて神社を実質的に運営していた仏教寺院。檀家を持たなかったため、明治時代の廃仏毀釈によって、その殆どの寺院が神社に転向したか消滅したりして、急速に数を減らした。Wikipedia抜粋その後、明治・大正と復興するも、アメリカ軍による大阪大空襲で灰燼に帰す。唯一焼け残った石造不動明王像が現在の本尊北向不動明王の裏側にあります(南向き不動尊と呼ばれているようです)。

大阪市中央区高津 1-2-28
06ー6761ー0543
最寄り駅 地下鉄谷町線、千日前線 谷町九丁目

 

報恩院写真

山門(左が入口)
不動明王参拝所
不動明王と二童子
(近畿36不動霊場本尊)
役の行者像
報恩院境内
おおさか十三仏霊場
(本尊 阿閦如来)

真向かいに高津神社(こうづじんじゃ)があります。
高津宮鳥居

報恩院周辺地図

近畿36不動尊一覧
紹介寺院目次

総目次
 

  佛 教 
www.bukkyo.net

報恩院 近畿36不動尊霊場 Copyright (C)  仏教 ・ bukkyo.net ・ All Rights Reserved ・