重要文化財 銅鳥居(かねのとりい)−日本三鳥居のひとつ。吉野から大峯山(山上ヶ岳)までの修行道には発心門、修行門、等覚門、妙覚門という、悟りへの4つの段階を象徴した門があり、そのうちの「発心門」にあたるのがこの鳥居です 。高さ7.6m。奈良の大仏の残りの銅で建立されたと伝わる。