大塔(多宝塔)  1496年に建立され、高さ40m、横幅15m、我国最大の木造多宝塔。豊臣秀吉の紀州攻めの際にも焼け残ったものでそのときについた弾痕 が残っている。明治32年に国宝に指定。