谷汲山 華厳寺 西国三十三ヶ所観音霊場第33番札所
 
西国33ヶ所観音霊場 第33番結願・満願霊場

谷汲山 華厳寺
たにぐみさん けごんじ

天台宗
創建 798(延暦17)年
開基 豊然上人・大口大領
御本尊 十一面観世音菩薩
ご真言 おん まかきゃろにきゃ そわか
御詠歌(3首)
◎世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも 消えぬなりけり (現在)
◎万世の 願いをここに 納めおく 水は苔より 出る谷汲 (過去)
◎今までは 親と頼みし 笈摺を 脱ぎ納むる 美濃の谷汲 (未来)
霊場札所
東海白寿三十三観音霊場 三十三番札所
東海三十六不動尊霊場 三十三番札所

住所 〒501−1311
岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
0585-55-2033

アクセス
* JR東海道本線大垣駅
養老鉄道(約25分)揖斐駅下車
→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き、または横蔵行き・約25分)谷汲山下車
* JR東海道本線大垣駅
樽見鉄道(約40分)谷汲口駅下車
→名阪近鉄バス・揖斐川町コミュニティバス(谷汲山行き・約10分)谷汲山下車
 

鉄道&バス 路線図・時刻表

大垣駅から谷汲山までの所要時分
養老鉄道   大垣駅〜揖斐駅…約25分               
名阪近鉄バス 揖斐駅〜谷汲山…約25分

納経時間 8:00〜16:30

開祖は豊然上人(ぶねんしょうにん)、本願は大口大領。
華厳寺は延暦17年(798年)、会津黒河郷の豪族大口大領が京の仏師に依頼していた十一面観音像を持ち帰る途中突然尊像が重くて動かなくなり、この地こそが結縁の地であろうと草庵を結び、延暦末年に、当地で修行していた聖僧・豊然上人の協力を得て一寺を建立したという。当時、寺近くの谷より油が湧き出し、燈明に困ることが無かったといいます。
 その後(約100年後)、この話を聞いた醍醐天皇が谷から湧き出る汲めども尽きない油にちなんで「谷汲山」の山号と、「華厳寺」の扁額を下賜せされたといいます。

 華厳寺の御朱印は三首の御詠歌にちなみ一ヶ寺で三つあります。三つの御朱印は本堂(観音堂)、満願堂、笈摺堂を指し、それぞれ現在・過去・未来を表しているとされています 。
 春の桜、秋の紅葉の名所。その時期、大垣からの列車に満員で乗れない場合もあるので注意が必要です。

2月18日 五穀豊穣・商売繁盛祈願祭
「谷汲踊(岐阜県重要無形民俗文化財第1号)」が一日三度上演されます。

 
西国33ヶ所観音霊場一覧

札所番号 寺院名
第 1番  青岸渡寺
第 2番  紀三井寺
第 3番  粉河寺
第 4番  施福寺
第 5番  葛井寺
第 6番  南法華寺(壷阪寺)
第 7番  龍蓋寺(岡寺)
第 8番  長谷寺
第 9番  南円堂
第10番  三室戸寺
第11番  上醍醐准胝堂
第12番  正法寺
第13番  石山寺
第14番  園城寺(三井寺)
第15番  今熊野観音寺
第16番  清水寺
第17番  六波羅蜜寺
第18番  頂法寺(六角堂)
第19番  行願寺(革堂)
第20番  善峰寺
第21番  穴太寺
第22番  総持寺
第23番  勝尾寺
第24番  中山寺
第25番  播州−清水寺
第26番  一乗寺
第27番  円教寺
第28番  成相寺
第29番  松尾寺
第30番  宝厳寺(竹生島)
第31番  長命寺
第32番  観音正寺
第33番  華厳寺
番外    法起院
番外    元慶寺
番外    菩提寺(花山院)

 
谷汲山華厳寺写真 華厳寺写真目次
  放生池地蔵堂
手水屋
大観音像
英霊堂
三十三所堂
経堂
鐘堂
本堂
本堂
本堂扁額
本堂廊下十一面観音
本堂廊下持経観音
笈摺堂
阿弥陀堂
元三大師堂
中門
客殿と庫裏
内仏客殿
緑ヶ池
妙法滝不動
地蔵堂
満願堂
満願堂石仏
奥の院

仁王門   仁王門谷汲山扁額   仁王像 阿形 吽形

吨枳尼真天堂(明王院) 水琴窟  参道風景  谷汲観光資料館  樽見鉄道

 

第32番 観音正寺

第33番 華厳寺

番外 法起院
 

西国33観音解説

佛教 http://www.bukkyo.net